スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鬼門」に就任の山田農相、牧場経営の経験あり(読売新聞)

 8日に発足した菅内閣は再任が11人と、新鮮味に乏しい顔ぶれとなったが、初入閣組を中心に注目される閣僚もいる。

 自民党政権時代から引責辞任などが相次ぐ「鬼門」の農相は、副大臣だった山田正彦氏(68)に。

 牧場経営の経験があり、宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題では現地対策本部長を務めた。飼育する牛約300頭の殺処分を待つ同県木城町の篠原邦光さん(59)は「最初は恨んだが、現場を知る人だから良かったと思う」と期待をのぞかせる。

 ただ、農政分野に自信があるだけに「独断で政策を進める面もある」(農水省幹部)と懸念の声も出ている。

 山田氏は8日に首相官邸で行われた就任記者会見で、「口蹄疫の問題では本来なら私も、(赤松前農相とともに)共同責任があると思っていますが、総理から収束に向けて頑張ってほしいと言われ、引き受けさせていただいた」と語った。

 蓮舫行政刷新相(42)は、台湾出身の父を持ち、東京で生まれ育った。キャンペーンガールやニュースキャスターを経て、2004年から参院議員になり、13歳の双子の母親でもある。

 鳩山内閣の下で「事業仕分け」の仕分け人を務め、次世代スーパーコンピューター開発について「(世界で)2位じゃだめなんでしょうか」と追及して科学界の反発を受けた。事業仕分けの担当大臣となり、真価が問われることになる。官邸での会見では、「自分が仕分け人として仕分けたものを一つの形にしていくことが任務だと思う」と抱負を話した。

 再任の千葉景子法相(62)は、昨年9月からの在任中、死刑執行がなかった。大臣就任前は「死刑廃止を推進する議員連盟」のメンバーで、執行には慎重な立場だ。死刑確定者が徐々に増えて109人に上る中で、執行に踏み切るかどうかが焦点となる。

POLYSICS デビュー10周年&カヨ卒業ライブをDVD化!
枝野幹事長「新内閣を全力で支える」(産経新聞)
鳩山氏「子分に裏金」疑惑 民主代表の座カネで買う?(J-CASTニュース)
りそな銀2.5億円納付漏れ 印紙税、3年で60万枚分(産経新聞)
都電、初の大阪“乗り入れ” 阪堺線に昭和カラー企画(産経新聞)
スポンサーサイト

<口蹄疫>種牛殺さないで 6000人が「助命」署名 エース級5頭は陰性(毎日新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、国が県に求めた種牛49頭の殺処分。県には6000人を超す「助命」署名が提出され、東国原英夫知事も「日本の畜産の大切な財産」と特例による救済を訴える。一方、とどまることを知らない感染の広がりに、宮崎の畜産関係者には「(殺処分という)まん延防止が第一だ」との声も。49頭の処分について、関係者の間でも意見が分かれている。【古田健治、石田宗久、川上珠実】

 49頭の種牛は16日、同県高鍋町の家畜改良事業団内の別の牛舎で、種牛の能力評価のため肥育されている牛に感染疑いが確認されたため、家畜伝染病予防法に基づき殺処分が決まった。県はまず、肥育牛259頭を処分。約22万頭の子牛を生んだスーパー種牛「安平」を含む49頭も処分されるはずだった。

 だが、県は22日未明、49頭の「生存」を明らかにした。東国原知事は同日夕の会見で「県の施設で殺処分を迅速に進めたところ、一般農家で処分の順番を待つ農家から『こちらも早く処分を』と苦情が出た。一般農家での作業に県職員を割いたため、手つかずだった」と弁明した。

 県が49頭の殺処分に踏み切れないのには、別の事情もある。

 県内で生産される冷凍精液の9割を占め、13日に国の特例で同事業団から約24キロ離れた同県西都市に避難させたエース級種牛6頭のうち1頭に22日未明、感染疑いが発覚。「種牛の全滅」という最悪のシナリオが現実味を帯びてきたのだ。県幹部は「本当はそっとしておきたかった。滞留した殺処分が解消した時点で、国に49頭の救済を申し入れるつもりだったのだが……」と未練をにじませる。

 23日には49頭の救済を求める畜産業者ら約6200人の署名が県に提出された。24日に県庁であった口蹄疫対策の会議後、知事は記者団に「子牛は三十数都道府県に出荷されている。大切な財産を守ってほしいというのは多くの県民、畜産業界の思い」と強調した。

 一方、同じ会議に出席したJA宮崎中央会の羽田正治会長は「(延命という)特例を要求するのは問題だ」と県の姿勢を疑問視。JA関係者は「49頭の価値は十分分かるが、今燃えさかっている口蹄疫をなめたらいかん。接種したくないワクチンを打っている農家の方もいる」と、封じ込めが優先との考えだ。

 特例で避難した種牛「美穂国」と、殺処分対象の種牛「糸茂勝」の両方の育ての親の宮崎市高岡町の穂並典行さん(73)は「何とか2頭とも生き残ってほしい」と声を詰まらせた。

 ◇エース級種牛5頭は陰性

 また、県は西都市に避難中のエース級種牛5頭の検査の結果、現時点ではすべて陰性であることを明らかにした。

重文の掛川城御殿に傷=建造物損壊容疑で捜査―静岡県警(時事通信)
射撃!全面戦争! 吠える北朝鮮 軍事行動に踏み切るか?(産経新聞)
小沢氏、郵政改革法案の会期内成立を強調(産経新聞)
「米国型」など3タイプ提示=共通番号制度案の概要判明(時事通信)
<違憲判決>労災で顔にやけど「性別で差」は違憲…京都地裁(毎日新聞)

携帯操作に夢中で気づかず?電車に接触、重傷(読売新聞)

 18日午前10時10分頃、東京都中野区のJR東中野駅で、都内の30歳代の女性が中央線下りホームに入ってきた千葉発三鷹行きの各駅停車(10両編成)の後ろから3、4両目付近に接触。

 女性は左側頭部を強打しており重傷という。警視庁中野署幹部によると、ホームにいた人たちが事故直前、女性が携帯電話を操作しながら前のめりでホームの端に立っているのを目撃しており、同署は女性が携帯電話の操作に夢中になり電車に気づかなかった可能性もあるとみている。JR東日本によると、同線下り線5本に遅れが生じ、約1500人に影響した。

<税務署員>確定申告書を放置、書類偽造…減給処分に 愛知(毎日新聞)
<三井造船>肺がん死亡男性の遺族が提訴 大阪地裁(毎日新聞)
釜山少女暴行殺害:自白を引き出すのに成功したコンビ
福島氏、普天間の閣議了解に反対=首相、協議継続を要望(時事通信)
リーディングホテルズ、富裕層向けラグジュアリーゴルフ旅行プラン開発

# 子宮頸がん ワクチン、小6に初の集団接種…栃木・大田原(毎日新聞)

 栃木県大田原市で13日、小学校6年生の女子児童を対象に、子宮頸(けい)がん予防ワクチンの集団接種が始まった。1人当たり4万5000円の費用を市が全額負担する集団接種は、市などによると全国でも初めてという。来年度以降も続ける方針。

 市によると、市立小23校で来年1月までに、6年女子334人のうち希望者329人に接種する。福祉政策に力を入れており「女性の命を守ることは少子化問題の観点からも重要」として公費負担を決め1人3回分、計約3000万円を10年度予算で賄う。初日は金丸小の10人が接種を受け「がんになるのはいやなので、注射してよかった」「思ったより痛くなかった」と話したという。

 立ち会った自治医大の鈴木光明教授(産婦人科学)は「接種率を上げるには集団接種が有効で、学校での接種は素晴らしい」と話した。

 子宮頸がん予防には若年層へのワクチン接種が有効とされるが、3回で計5万円前後の費用がネックになっている。【柴田光二】

【関連ニュース】
質問なるほドリ:子宮頸がんワクチンって?=回答・小島正美
追跡・発掘:子宮頸がん 理解進まず受診率低調 4市町村で予防接種助成へ /山梨
ことば:子宮頸がん /山梨
子宮頸がんワクチン:県医師会「公費助成を」 市町長に要望書 /栃木
健やかわかやま:子宮頸がん予防接種、6年生女児に7月から--御坊市 /和歌山

「宇宙滞在」の種子、紛失か=山崎さんシャトルで回収後(時事通信)
JR3年ぶり増、航空も好調=GW、日並びと天候恵まれ(時事通信)
太地町民の水銀影響、知事「適正量なら問題なし」(読売新聞)
男性2人刺され心肺停止…大阪のマンション(読売新聞)
停電復旧、10分で可能に=東海道新幹線に遠隔操作装置(時事通信)

富良野塾巣立った375人…体験問う倉本さん(読売新聞)

 2010年春の叙勲受章者のうち、旭日小綬章を受章した宇野亜喜良さん(76)、倉本聰さん(75)に喜びを聞いた。

 ◆普通の人の視点で◆

 北海道富良野市を舞台に、「北の国から」「風のガーデン」など、土のにおいのするドラマを世に送り出してきた。

 東京都出身。ラジオ局勤務を経て、1963年にシナリオ作家として独立した。だが、77年、生活拠点を富良野に移す。「人間の<原点>を見たい」との思いからだった。東京では、交際の範囲もテレビ局関係者など利害関係のある人ばかり。脚本を書くにも、「売れそうな主題ばかり探していた気がする」と振り返る。

 「ドラマは人の心を揺さぶるもの」。真冬には氷点下20度にもなる厳しい自然の中で、人は何を考え、どう暮らすのか。根底には、そんな「普通の人」の視点が流れる。

 26年前、私財を投じて開いた「富良野塾」でも、「生きる」「暮らす」といった視点を伝えてきた。4日の閉塾までに巣立った脚本家や俳優は375人に達する。最近、インターネットの普及などで人々の「体験」が希薄になったと感じる。「便利さと豊かさを混同していないか」。それを問うことがこれからのテーマという。

 ◆甘美な作品の宇野さん、舞台芸術にも力点◆

 甘美で幻想的な作風を持ち味に、挿絵や本の装丁、舞台美術などを手がける。

 「印刷や映像で複製されて目に触れる部分が多い。大衆性があるだけに、芸術的にはちょっと後退して見られるのかな、と思っていた」と、11年前の紫綬褒章に続く栄誉を喜ぶ。

 名古屋市生まれ。地元高校の図案科を卒業し、広告のデザイナーとして活躍後、1960年代に故寺山修司主宰の劇団「天井桟敷」の舞台美術、ポスターで注目された。新聞や雑誌の連載小説の挿絵でもおなじみで、時代小説からハードボイルドまで幅広くこなす。近年は作品集の出版も相次いでいる。

 演劇の仕事では舞台装置の図面を渡すだけでなく、けいこ場にも足を運ぶ。資金のない劇団のために、片隅で急いで背景を描く時も。「むしろ若い時より体力を使うが、それが出来ることが楽しい。2回くらい、ぎっくり腰をやっちゃいましたけどね」と笑う。

JICAに予算削減要求=9独法の無駄に切り込み-仕分け第2弾初日(時事通信)
船舶検査受検と救命胴衣の着用の徹底を(レスポンス)
事業仕分け ロック歌手の内田裕也さん 抗議の紙を掲げる(毎日新聞)
中学での「死亡確率」突出 柔道、頭部ガードの対策必要(産経新聞)
川崎汽船のタンカーが海賊に襲われインド洋沖で被弾(産経新聞)
プロフィール

はたのたかこさん

Author:はたのたかこさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。