スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富良野塾巣立った375人…体験問う倉本さん(読売新聞)

 2010年春の叙勲受章者のうち、旭日小綬章を受章した宇野亜喜良さん(76)、倉本聰さん(75)に喜びを聞いた。

 ◆普通の人の視点で◆

 北海道富良野市を舞台に、「北の国から」「風のガーデン」など、土のにおいのするドラマを世に送り出してきた。

 東京都出身。ラジオ局勤務を経て、1963年にシナリオ作家として独立した。だが、77年、生活拠点を富良野に移す。「人間の<原点>を見たい」との思いからだった。東京では、交際の範囲もテレビ局関係者など利害関係のある人ばかり。脚本を書くにも、「売れそうな主題ばかり探していた気がする」と振り返る。

 「ドラマは人の心を揺さぶるもの」。真冬には氷点下20度にもなる厳しい自然の中で、人は何を考え、どう暮らすのか。根底には、そんな「普通の人」の視点が流れる。

 26年前、私財を投じて開いた「富良野塾」でも、「生きる」「暮らす」といった視点を伝えてきた。4日の閉塾までに巣立った脚本家や俳優は375人に達する。最近、インターネットの普及などで人々の「体験」が希薄になったと感じる。「便利さと豊かさを混同していないか」。それを問うことがこれからのテーマという。

 ◆甘美な作品の宇野さん、舞台芸術にも力点◆

 甘美で幻想的な作風を持ち味に、挿絵や本の装丁、舞台美術などを手がける。

 「印刷や映像で複製されて目に触れる部分が多い。大衆性があるだけに、芸術的にはちょっと後退して見られるのかな、と思っていた」と、11年前の紫綬褒章に続く栄誉を喜ぶ。

 名古屋市生まれ。地元高校の図案科を卒業し、広告のデザイナーとして活躍後、1960年代に故寺山修司主宰の劇団「天井桟敷」の舞台美術、ポスターで注目された。新聞や雑誌の連載小説の挿絵でもおなじみで、時代小説からハードボイルドまで幅広くこなす。近年は作品集の出版も相次いでいる。

 演劇の仕事では舞台装置の図面を渡すだけでなく、けいこ場にも足を運ぶ。資金のない劇団のために、片隅で急いで背景を描く時も。「むしろ若い時より体力を使うが、それが出来ることが楽しい。2回くらい、ぎっくり腰をやっちゃいましたけどね」と笑う。

JICAに予算削減要求=9独法の無駄に切り込み-仕分け第2弾初日(時事通信)
船舶検査受検と救命胴衣の着用の徹底を(レスポンス)
事業仕分け ロック歌手の内田裕也さん 抗議の紙を掲げる(毎日新聞)
中学での「死亡確率」突出 柔道、頭部ガードの対策必要(産経新聞)
川崎汽船のタンカーが海賊に襲われインド洋沖で被弾(産経新聞)
スポンサーサイト

石原都知事「与党党首に帰化人」 福島氏が否定 発言撤回要求(産経新聞)

 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は19日、国会内で記者会見し、石原慎太郎東京都知事が17日の外国人地方参政権の反対集会で、名指しは避けたものの「与党党首の中に帰化した人がいる」という趣旨の発言をしたことについて「私も、私の両親も帰化したものではない」と否定した。

 そのうえで「私は外国人地方参政権には一貫して賛成してきた。政治家の政治信条を帰化したからだという事実誤認に基づいて説明することは、私の政治信条をゆがめ、踏みにじるものだ」と述べ、石原氏に発言撤回を求めた。

 石原氏は17日の集会で、「この中に帰化された人、お父さん、お母さんが帰化され、そのお子さんいますか。与党を形成しているいくつかの政党の党首とか、与党の大幹部ってのは調べてみると多いんですな」などと発言した。

 福島氏は「『与党を形成している政党の党首』といえば、おのずと特定され、私のことをおっしゃっているのだと考えた」とし、「(帰化を)問題とすること自体、人種差別だ」と述べ、発言を撤回しない場合は法的措置も辞さない考えを示した。

<児童買春>男児ポルノを摘発 専門サイト主宰の男逮捕(毎日新聞)
日韓議連の新会長に民主・渡部氏(産経新聞)
<2人重傷>入院中の母刺した後自殺図る?東京の病院内(毎日新聞)
<山崎直子宇宙飛行士>和服で手巻きすし 宇宙から日本文化(毎日新聞)
<普天間>徳之島「なかなか厳しいものがある」…北沢防衛相(毎日新聞)

来月15日に日中韓外相会談(産経新聞)

 日中韓3カ国による外相会談が5月15、16両日に韓国南東部の慶州で開かれることが20日、固まった。北朝鮮の核開発問題や経済協力などをめぐって意見交換する。

【関連記事】
食糧難の北支援を拒否 国連総長の要請に岡田外相
核放棄進展なら北朝鮮招待 次回サミットで韓国
日中首脳会談 死刑執行には言及せず
核科学者、極秘の訪朝日程漏れる? 北とイラン、蜜月にひび
核安全サミット 拡散防止へ国際包囲網を

<東方神起>所属事務所が提訴 メンバー3人相手取り(毎日新聞)
迷走普天間どこへ…結びつき深い沖縄と米軍 現地ルポ(産経新聞)
火山噴火 関空ローマ便が出発便再開へ(毎日新聞)
堺事件容疑者「泣かれイライラした」(産経新聞)
第3の多能性幹細胞 がん化の危険低く 東北大大学院研究グループ(産経新聞)

普天間基地移設先には触れず 鳩山首相、理解が得られたと手応え強調(産経新聞)

 【ワシントン=酒井充】訪米中の鳩山由紀夫首相は12日夜(日本時間13日午前)、核安全保障サミットの夕食会の席上、オバマ米大統領と約10分間、非公式会談を行った。首相は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題について「5月末までに決着する」と訴えた。ただ、首相は具体的な移設先は示さず、決着に向けた進展はなかったようだ。

 首相は会談で、岡田克也外相とルース駐日米大使の間で交渉が行われていることをあげ、「今努力している最中だ。オバマ大統領にもぜひ協力を願いたい」と述べた。さらに「沖縄の負担を軽減することが日米同盟を持続的に発展させるためにも必要だ」と語り、オバマ大統領に理解を求めた。

 首相は会談後、記者団に対し、オバマ大統領の発言について「私から申し上げるべきではない。感触も申し上げられない」と語った。ただ、首相は「5月末までに私どもが移設先をしっかり決めることに対し、関心を持ってみていただけると思っている」と説明し、オバマ大統領から一定の理解が得られたとの手応えを強調した。

 会談は首相とオバマ大統領が隣の席に着いた夕食会の冒頭行われた。約10分間の会談のうち、半分は普天間問題に費やされた。日本側が要請した公式会談は、普天間問題に対する日本側の対応が定まっていないため米側が難色を示し、見送られた。

【関連記事】
首相「米の言いなりにならない」 米誌インタビューで
政治とカネ、普天間が要因 支持率低迷で環境相
亀井氏「山崎氏にお願いしていない」 毎日新聞報道を否定
普天間「県外軸に機能移転」官房長官、沖縄県議会議長に
「私も毎日切られてます」 首相がぼやき

阿久根市長不信任案提案へ「市長派市議がなぜ」(読売新聞)
JR福知山線事故、運転士遺族が労災申請(読売新聞)
<雑記帳>マリン大役、警察から「みまもり犬」委嘱 広島(毎日新聞)
「省庁再編」を政権公約に=財政健全化の道筋も明記-民主(時事通信)
<JCOM>「デジ・アナ変換」来夏から実施(毎日新聞)

<雑記帳>ガラスを隔てて猛獣と対面 広島の動物園に登場(毎日新聞)

 広島市安佐動物公園で10日、ガラス越しにライオンと対面できる「レオガラス」が初公開された。ガラス1枚を隔てて猛獣と対面できる施設は全国でも類を見ないといい、人気を呼びそうだ。

 完成前は、ライオンとの距離は柵や溝を挟んで最短約9メートルあった。ところが、レオガラスの場合は厚さ約20ミリの強化ガラス1枚が間にあるだけ。ライオンがガラスに寄ってくると、迫力満点だ。

 襲いかからんばかりのライオンに「近い」「牙がすごい」など、子どもだけでなく大人も大興奮。あまりの近さに「食べられるかと思った」と笑う来園者も。【寺岡俊】

【関連ニュース】
札幌市円山動物園:また性別判定ミス ライオンとエゾシカ
札幌・円山動物園:また性別判定ミス…平謝り
世界の雑記帳:母親亡くしたライオンの子、雑種の犬から乳もらう
日立・かみね動物園:13年ぶり入園35万人突破 施設建設、赤ちゃん誕生で /茨城
まちかど:静岡市の日本平動物園に新たな展示施設 /静岡

<社会人野球>セガサミー準決勝へ 静岡大会(毎日新聞)
会社の金で高級ブランド品=海外旅行、ホストクラブ…-容疑で女逮捕・福岡(時事通信)
「地域主権」関連3法案、参院で審議入り(産経新聞)
石原都知事来たけど若手来ない…与謝野・平沼新党(スポーツ報知)
<東ティモール>子どもたちにサッカーボール 湘南ベルマーレとPWJが贈る(毎日新聞)

ラーメン店主、落とし物届け出中に店から出火(読売新聞)

 4日午後1時50分頃、和歌山県有田川町中井原、「広暁ラーメン」=石橋広暁さん(69)経営=から出火、木造2階建て、7軒続きの長屋計約500平方メートルを全焼した。

 店内に客はおらず、長屋には石橋さんら2世帯2人が住んでいたが、不在だった。

 湯浅署の発表によると、店のコンロ付近が激しく燃えていた。石橋さんが近くの交番に落とし物を届けている間に出火したという。

<訃報>大澤利昭さん79歳=元東京薬科大学長(毎日新聞)
AKB48 今度は偽造握手券 警視庁、詐欺容疑など視野に捜査(産経新聞)
週内にも特区の実態調査へ―枝野担当相(医療介護CBニュース)
奨学金・公営住宅見直し 大阪府、財政再建へ6事業(産経新聞)
シー・シェパード元船長 傷害罪でも立件へ 東京地検(産経新聞)

倉本聰氏の富良野塾OBが教師育成に一役 4月から北海道教育大で講義(産経新聞)

 作家・演出家の倉本聰さん(75)が塾長を務める富良野塾(北海道富良野市)出身の俳優らが4月から北海道教育大学旭川校で、教師に必要とされるコミュニケーション能力などを育成する講座を受け持つことになった。無気力、無反応で、他人に対する関心が薄いといわれる最近の大学生。倉本氏は「教師をめざす学生の他者理解力や想像力を養うのに演劇的手法が役立つはず」と話す。


 講座を受け持つのは、富良野塾OBでつくる演劇集団「富良野GROUP」の俳優ら。

 今年度は、富良野塾11期生の久保隆徳さん(43)と19期生の大山茂樹さん(32)の2人が担当。講座内容を倉本氏が監修し、4月と10月に各5日間、北海道旭川市のキャンパスで30人程度の学生を対象に1日4時間以上の集中講義・演習を行う予定だ。

 講座開設のきっかけとなったのは、倉本氏と道教大の本間謙二学長(64)との会話から。

 「最近の教師は、児童生徒の心に落ちる教え方をしていない」「コミュニケーション能力に欠けている」などの問題点が指摘され、人の心を開き、心の中に入っていく演劇的手法を教員養成に生かすアイデアが生まれたという。

 講座は、(1)コミュニケーション能力の育成(2)感情移入による他者理解(3)想像力の育成に力点を置き、「問題を抱えた新入社員と上司」「犯罪者と刑事」といった役割、設定を与えて即興劇を行うなど、実技中心の内容となる。

 倉本氏は「今は人間に興味を持っていない若者が増えている。知識があるだけで先生になっている者がいる。生徒に興味がなくても先生になっているのが一番の問題だ」と話す。

 道教大では、来年度以降、演劇講座を拡大し、釧路校や札幌校などでも開設することを検討している。

 道教大の本間学長は「今後は道教大の全キャンパスで演劇講座を必修科目にしてゆきたい。全国の教員養成系大学にも広がる画期的な試みだと思う」と話す。

 俳優や脚本家を養成する富良野塾は今年4月4日で26年間の活動を終え、閉塾するが、OBの「富良野GROUP」は富良野で活動を続ける。同GROUPでは、塾OBを各キャンパスに派遣し、演劇による教員育成の試みを全国に広めてゆきたいとしている。

【関連記事】
竹下景子さん講師に自然塾 倉本聰さん塾長のNPO法人
28歳で亡くなった伝説の映画監督 親族が語る「天才の日常」
【私も言いたい】6年制教員養成 「免許更新制、継続すべき」7割
【古往今来】子供の危機は親の危機
20年度の小中学生の暴力行為が過去最多に 中学生は初の4万件超
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<鳩山首相>内閣支持率の下落傾向に強い危機感 記者会見で(毎日新聞)
<介護福祉士候補>インドネシア人の1割、日本語分からない(毎日新聞)
友政懇偽装献金 首相元秘書、起訴内容認める 初公判(毎日新聞)
太陽の塔 黄金の顔の目、40年ぶり点灯 大阪・万博公園(毎日新聞)
<遭難>2人目の死亡確認 中央アルプス・宝剣岳(毎日新聞)
プロフィール

Author:はたのたかこさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。